Posts categorized "歩く・登る"

クライマーズ・ハイ に思う

前もって少し書いていたものを8月12日にUPしようとしていてうっかり失念していたのと書きかけ状態が気に入らなくて没日記にしていたんだけど、blogが止まってしまっているのでそろそろと思い記事を開いたらなんとなくまたUPしたくなりました。だから内容は古いまんまです。なんとなく主題がずれちゃっているんだけどまぁいいか。(^^ゞ

昨日は、御巣鷹山の日航機ジャンボ墜落事故から22年目の夏でした。
特段の思いがあったわけではないけれど、事故当日の報道の様子については断片的だが今でも記憶が鮮明だ。
当時、九州支店勤務で福岡で独身生活しており、実家へ帰省する前日だったような気がする。

「クライマーズ・ハイ」の作品を通じて著者自身の人生に対する所感(日経ビジネス風に言えば有訓無訓)が掲載されたサイトを見つけた。いくつか作品を読み終えた後なのでとても興味深く読むことができた。残りの本も読んでみたい。

「クライマーズハイ」とは、ロッククライミングの際、興奮状態が極限まで達して、恐怖心がなくなる状態のこと、この魔法?が何らかの拍子に解けたとき一歩も動けなくなる恐怖が襲う。
日航機ジャンボ墜落事故を巡る地方新聞社の怒涛の一週間の中、事故原因スクープを巡る社内外の熾烈な駆け引き、その中心にいた主人公の心理状態はまさにクライマーズ・ハイ、最後の1分1秒を争う極限状態の中での決断のあと、主人公の心身状態は如何ばかりであったろうか?
17年後の谷川岳一ノ倉沢衝立岩中央稜でのオーバーハングを乗り越えるシーンとオーバーラップして思いが巡る。
私は、高校、大学と山に登っていたが、本格的なロッククライミングはやったことがない。だからもちろん実際のクライマーズハイは経験したことはないが、数年前、高校時代の後輩と奥多摩で沢登りをやっていたとき、滝の高巻きルートの目測を間違え途中で登ることもできず、降りることもできず、立ち往生してしまった恐怖体験がある。
体力的にも自分の体重を支えられない今、クライマーズハイは経験することは絶対無いだろう。
仕事での極限状況というのは、立場上、これからも訪れる可能性はある。そのときこそ、真価が問われ、自分が試されるときでもある。立ち向かう逃げない姿勢を崩したら最後、クライマーズ・ハイが解けたのと同じ状況に陥るのだろう。

主人公の新聞記者としての生き様が主題なのだが、親子の確執、絆が重要なモチーフになっており、おやじの立場としてその点でもとても興味深かった。

今、映画化の準備が進んでいるらしい。堤真一が主役らしいが、大いに期待している。ぜひ見たいと思っている。

今回、学生時代にお世話になった統計学の先生が「日航機御巣鷹山墜落事故より18年」という記事をご自分のHPに掲載されているのを知りました。 こちらも興味深く読みました。こういう出会いはなんだか不思議です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝の散歩とあけぼのの富士山

毎週、日曜日は早朝の散歩に出かける。
夜明け前、今は6時、夏なら5時ごろ、近所に住む高校時代の後輩(といっても歳はひとまわり違う)が迎えに来る。
近所の公園や川の堤防を小一時間のウォーキングである。
ちょっと根性なしで雨の日は止めているが、前日よっぽど深酒でもしないかぎり欠かさない習慣となっている。もうすぐ4年になる。
冬の時期に特に楽しみなのは、あけぼのの富士山を眺めながら歩くこと。
我が家はちょっと歩くと田園風景が広がり、あちこちで富士山を眺めることが出来る。今の時期だと、6時半ごろかな、夜が白んでくるとともに淡いピンク色の空と藤紫色に染まった富士のシルエットが浮かび上がってくる姿が特にいい。そして日の出の直前に光を浴びたキラキラ光る銀嶺がまたいい。今朝、携帯で撮影してみたんですが、雰囲気わかるかな。

06020509

06020511

現在、使用しているフジのテンプレートは、あけぼののひかりの中の優雅な姿だと思う。テンプレートを見つけてすぐに気に入り、チェンジしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大晦日に(つれづれに)

今日は、関東地方も昼間から雪が降り続き、あっという間に一面真っ白の雪景色となりました。
パソコントラブルで昨年の宛名データが消えてしまいガックリ、仕事やら、忘年会やらで、ぐずぐずしているうちにいつの間にやら大晦日になり、ようやく年賀状を作りました。
今年の年末はあわただしく過ごし、1年を振り返る間もありませんでしたが、反省多き中、よき思い出もありました。このblogのきっかけになった富士山登頂がやっぱりメインイベントだったかな。blogも中途半端なんですが、登頂したといっても最高峰の剣が峰まで行っていないのでさらに挑戦は続きます。富士山への思い入れはとても強いのです。また書きます。

高校時代は山岳部に入って山三昧の生活をしておりました。社会人になってからすっかりにご無沙汰していた山歩きへの思いが子どもの成長とともに蘇り、年に何度かぼちぼちと子連れで行くようになりました。5年ほど前に同級だった友人に誘われて、高校山岳部OB会の日帰り登山&温泉に参加するようになりました。年配の先輩方、後輩たちとの春と秋の2回の定例山行は、それぞれのペースにあわせて花や紅葉を愛でながら適度に汗を流したあとには温泉が必ず待っているというパターンなので参加するのがとても楽しみです。先日、年の瀬の23日に、小野子山(おのこやま)という標高1208mの上州の山に有志で登ってきました(プロフィールの写真は山頂の記念撮影です)。山頂からの眺めはよく北の谷川連峰は雪雲に隠され既に冬山の様相のようでした。ときおり、マイナス温度の寒風とともに風花が舞っていました。南に目を移すと関東平野が一望で遠く霞んだ水平線の先には新宿の高層ビル群も見えました。

話は飛びますが、高校時代の仲間といえば、毎年、12月30日にクラスメイトだった友人3人と最後の忘年会を行うのがここ20年来の恒例行事となっています。最近はもっぱら東松山で適当なやきとり屋さんをスタートに4~5件はしごして飲んだくれるのが楽しみです。最後は、「さが」という狭い小料理屋で座敷に置かれた「こたつ」に入ってなじみのおばちゃんの話を聞きながら店自慢の「すいとん」を食べて、東武東上線の上り電車の終電で帰るのが恒例となっています。

こうやっていつもあわただしく大晦日を迎えるのでした。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本一に登る(6) 5合目到着

富士登山初日の様子はようやく出発したところまで書いたかな。
初日は、ふじあざみ道路を須走口登山道5合目の駐車場まで登って到着です。従って歩きません。
少し、記憶も薄れてしまった。。。5合目到着までは、トラックバックしてくださったきらりんしまさんの
を読んでいただいた方がおもしろいかも。^-^;
ということで手抜きです。(^^ゞ
富士山については、もっともっと書きたいことがありました。
いまさらという感じはあるのだけれどもぼちぼちまた書こうと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本一に登る(5)出発? 車がない

2004年7月17日(土)

原因は特定できていませんが、オーバーヒートする車では富士山に登れないことは明白です。この車なんとかならないかという気持ちはまだあるんだけれど、とにかく「きらしま」さんたちとの約束の時間もある。もたもたしていると出発時間がどんどん遅くなる。

レンタカー借りるしかないんだけれど、躊躇したのはやはりお金、いくらかかるだろう。思い切ってガソリンスタンドから勤務中のカミサンに電話する。「しょうがないじゃない。一台じゃ行けないんだから、レンタカー借りるしかないでしょ。」お墨付きもらって踏ん切りついた。アベニールはラジエータに水を補給しエンジンの温度が下がったので短時間ならそのまま動かせるそうだ。早速、家に戻って市内のレンタカー会社に電話することにした。

次男「深海」は、「俺、日産マーチがいい。」一応参考に聞きおく。自分としてはとにかく安いベーシックな車で3人と荷物が載ればいい。昔なら39(ざんく)シビックって感じ。あと、今晩は、車中泊なので車は小さくてもシートがフルフラットになるやつがいい。さて、駅前に集中しているレンタカー会社、5社ほどピックアップしてからいざ電話してみると、あらら、車が出払っていてない。1台確保したけれどセダン型でシートもフルフラットにならない。困ったと思いながら5件目に電話すると「エ~と、ベーシックなやつならキューブがありますけれど」「フルフラットになる?」「ちょっと調べます。。。。倒してみたけれどOKですよ。」「じゃそれすぐ確保してください。」料金などを確認して、アベニールで駆けつけそのまま荷物を載せ替えて出発することになった。

車を借りて、ほっと一安心。時間は既に14時40分。予定より40分遅くなった。途中、高速SAで待ち合わせを予定していた「う~」、「きらしま」ペアに連絡するとまだ落ち合ったばかりで出発したところらしい。よかった。子どもたちは予定外の出来事に出発時間が遅れて苛ついていたけれど、初めて乗るクリーンでしゃれた車に満足気。「おっカーナビじゃん」二人とも家の車では見たことのない文明の利器に興味津々、ルート設定などいろいろ試すがうまくいかない。とりあえず現在地表示にする。(あとで知ったけれど走行時のルート設定は危険防止のためできないようになっているんですね。^-^;)

とにかく、富士山へのアプローチは始まりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本一に登る(4)山頂編1

DSCF0191.JPG

山頂でご来光を拝んだ後、ゆっくり休憩でもしたら山頂郵便局で登頂記念便りを出してから最高峰の剣が峰を制覇して深~い山頂火口をのぞいてお鉢めぐりをすることで日本一を極めたことになると昔から自分自身で決めつけていた。明治28年に野中到、千代子夫妻が公設の高層気象観測所を富士山頂に建てるために、私財を投じて観測所をつくり、富士山頂ではじめて冬期気象観測を越冬したという事実を基にした新田次郎の小説「芙蓉の人」の世界に浸ってみたいという思いも持っていた。小説には、東京の道灌山の頂きに立って子供を背負った千代子が夫、到の安否を気遣って富士山を眺めているシーンが冒頭に登場するが、中学校の教科書に載っていて、当時、読んだときに抱いた富士山に対する憧れをを今でも覚えている。

でも、この暴風とガスの中での悪天候、山頂までたどり着きながらもお鉢巡りまでして最高峰の剣が峰まで行く人は少ないようだ。到着時間が遅く、なおかつ強風の吹く中でメンバー全員剣が峰に行きたいと言うものはいなかった。私もようやく辿り着いて欲がなかったわけでもないが、息子達の様子を見たら今はそこまで自分の思いを通そうという思いも強くはなかった。ここ(山頂)までこれたという事実は、また挑戦して再び山頂に立てるという自信につながった。最高点には、また、来ればいいか、と思った。到着してしばらくすると山頂にかかっていた雲が流れて消えてゆく、一瞬、視界が開けたかと思うとこれまで辿って来た下界から山頂へとつながる長い道のりが見えた。すぐにまた雲に覆われてしまったが、ようやく頂上に着いたんだという実感が涌いた。

写真は、剣が峰を背景に完全防備の次男の雄姿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本一に登る(3)出発!

7月17日(土)出発当日は、朝からとても暑かったです。

前日の晩に集めただけで山のようになっている装備品を整理しながらリュックに詰めて行きます。かろうじて長男「ローリー」くんは前日までにリュックに自分の荷物は詰めてありました。次男「深海」くんは全く用意できていない状態、何も言わなければそのまま出かけてしまいそうです。結局、声を掛けていちいち確認しながらようやく揃えたという感じでした。

カミサンは今日も仕事、8時半に出かける際、「あんたたちホントに出発できるの?せいぜい忘れ物しないように。」とちょっと見放されている感じ。3人の身支度が整い、今日のために自分の父から借りた13年選手の車(日産アベニール)に荷物を載せてようやく準備できたのは9時を回っていた。カミサンは普段より忙しいらしく、出発は17時ごろになりそうとのこと。自分の軽自動車(ワゴンR)で後から出発。富士山須走口五合目に現地集合ということで別行動です。

今日は、午前中「深海」がSST(ソーシャルスキルトレーニング)に参加する日でもあり用事があり、今回は「ローリー」も一緒に車で30分かかる会場へ行きます。「ローリー」は館内の図書館でヒマをつぶしています。おやじは、一緒に参加している親御さんたちと話をしたり、SST終了後のミィーティングに参加したりといつの間にやら終了時間の12時になりました。昼食は「マクド」に立ち寄り、そこから、「きらりんしま(以下きらしま)」さんの友人「う~」さんの携帯に連絡します。二人(うら若き二人のレディは幼馴染らしい)は14時に待ち合わせとのこと。私はテレビ番組のタイマー録画のセットを忘れていたことを思い出し、自宅に一旦戻ることにしました。時間調整が難しいので出発したら携帯で連絡を取り合い、中央高速道に入ってから談合坂SAで待ち合わせようということになりました。さあ、いよいよ出発だあ。それにしてもうだるような暑さは何とかなんない?車のエアコン、送風最高にしてガンガン利かせているけれはずなんだけれど全然冷えないよ~。どうしたんだ~。

「マクド」を出てから車の中が冷えない。送風もなんとなく力弱いように感じてラジエータの温度計を見ると、な、なんとメーターがH(ot)のレベルを超えてしまっている。あ、コリャ、オーバーヒートってやつ?よく見るとボンネットの右側から蒸気だか湯気だかが出ている。コリャやばい、とあせって最寄のガソリンスタンドにそのまま駆け込んだ。

「もしかしたらオーバーヒートしかかっているんで、ボンネット開けて見てもらえますか」と頼み込む。店の人は暑い中、さらに暑くなりそうな話に付き合ってくれた。車をリフトアップできるガレージに突っ込みボンネットを開けてもらった。するとラジエータへの水補給口からもうもうと蒸気が上がっている。(実際は、ウォッシャー液補給口のふたが開いていて蒸気が出ていたようでもある。)「お客さん、この車すぐ修理に出さないとやばいよ。このまま、修理工場に持ち込んじゃって下さい。そうしないと安全は保障できないよ。」と言われてしまう。店の人に向かって私「え~、でもねぇ、今日は、これからすぐにこの車で富士山登山にいくんですけど~、ダメかなぁ。」
店員曰く、「高速乗ったりしたら一発で故障というか危険だよ。また、、急坂なんか登り始めたらすぐにオーバーヒートでどうにもならない状態になっちゃうよ。」
さてどうしよう?いずれにしろこのアベニールは使えない。じゃあどうする。。。。。時間は無駄にできない。私は回らない頭であれやこれやと考え始めた。 スタート時点から大ピンチ。。。。
さて無事山頂までたどり着けるのやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本一に登る(2)頂上へ

山頂付近はミゾレの混じる突風が吹き荒れる悪天候に身をさらす状態で雨風を避ける場所もなく吹きっさらしの中でとても寒かった。強風に耐えじっとしているとどんどんと体温が奪われているような気がする。もう、日の出の時間はとっくに過ぎていたが、薄明るさはあっても濃霧で周囲は何も見えなかった。

中3の長男と同伴してくれている二人のうら若き女性たちは、先を歩いてもう見えない距離になっていた。既に9合目の小屋跡のようなところ過ぎていたので標高はもう3600mを超えているはずだ。小6の次男は、カミサンのレインコートのフードを被り、タオルで顔を覆いメガネだけを光らせていたが表情は見えなかった。「お父さんもう帰りたいよ~。」と何度も何度も訴えられた。でも、もう登山道を降りる勇気を出すより、頂上を目指す方が息子への励ましになると思った。登山専用道を下る方が危険を感じた。

歩みを止めた息子を待つ時間が多くなった。ときどき肩から抱きかかえて「もうすぐ頂上に着くからがんばろう。頂上に着けば小屋でゆっくり休めるぞ」と励ました。息子もあきらめたように思い直して「あと何分歩くと頂上なの」という問いを発する。「そうだな~、あと40分かな。がんばれ」などと励ますのであるが、一向に残り時間が減らない。何度これを繰り返したのだろうか。今ではもう思い出せないが、とても長い時間に感じられた。次男は、ただ、私のあともう少しだよという声だけを頼って(騙されて)寒さに震えながら何とか足を前に出しているという様子だった。

火山性のざらざら石が足元で崩れ、次男は何度もころびそうになった。手助けなしで、自力で登ってもらいたいと思い求めてくる手を振り払って励ましていたのが、いつの間にかしっかりと手をつないで一緒になって歩いていた。

うなる風音と一緒に何か上の方で大勢の声が聞こえるなあと感じ、確かに人の声だとわかるぐらいになったところで見上げると鳥居のようなものと石垣が見えてきた。ようやく久須志神社の鳥居が、強風の濃霧の中に現れたとき、上から聞き覚えのある声が聞こえた。もう少しだよ~、がんばれ~という意味の「キラシマさん」と「う~さん」の二人の応援の声だった。長男の声も聞こえた。私は、胸がいっぱいになって感情が高まり「うぉー」という声にもならないようなうめき声を発していた。自然とあふれそうになる涙をこらえるのに懸命だった。次男にも「頂上だぞ」と声をかけ、手をしっかり握りしめ、一歩一歩ゆっくりとそして確実に踏みしめながら歩んだ。

7月19日(月)午前6時30分。本7合目の見晴館を午前1時30分に出発してから5時間が経過していた。次男と私は、とうとう須走口からの富士山頂に到達した。

私にとっては31年ぶりの場所であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本一に登る

今日は、東京都心(大手町)では39.5度という史上最高の気温を記録したそうです。
ほんと、暑かったですね~。

さて、長年のおやじの目標だった富士登山の報告です。

参加者全員、無事に帰宅しました。そして、見事、二人の息子、同行して下さった
知人ともども全員なんとか、富士山に登ることができました。やったー \(`◇´)/
今回は、気象条件が大変厳しい悪天候でした。ちょうど、風景としては富士山の
頂上にだけ笠雲ってやつがかぶさっている状態だと思うのですが、下界は真夏、
山頂付近は真冬って感じです。
今回、好んで非日常空間の世界へ飛び込んだのですが、想像しなかった厳しい気
象状況に直面して、子どもたちのことを考え、途中、もう登頂を断念しようかという
場面が何度もありましたが、とうとう、頂上まで辿り着きました。

自分自身にとっては31年ぶりの快挙になるのですが、山頂にたどり着いたときには
これまでの万感の思いがこみ上げてきて感無量でした。

今回の登頂までには数多くのドラマがありました。まず、二人の息子達の根性に感
謝します。また、同行してくださった「キラリンしま」さんとご友人のお二人のサポート
に感謝します。みんなで勝ち取った登頂でした。何一つ欠けていても成功していなか
ったと思います。

これから参加メンバーそれぞれの感想もまじえて、今回の山行のエピソードを紹介し
て行きたいと思います。どうぞよろしく。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

日本一に挑戦する!(5)

いよいよ当日となりました。
結局、準備は整わず当日の朝に最終チェックとなりました。
よく忘れ物するんです。
学習しないやつといつもカミサンに冷たい視線を注がれながらも
朝、身支度することにしよう。
では、しばしの間、非日常的空間でのすばらしい世界を堪能してきます。
そして朗報をお伝えしたいな。
ではまた。(^o^)ノ

| | Comments (3) | TrackBack (0)