Posts categorized "旅行・地域"

さぬきうどん大好き!香川で食べある記

最近はmixiで(かなり私的)日記を書く習慣がついてしまい、なんだか、blogがすっかりご無沙汰してしまい、この話も書きかけてから、もう、ひと月近く前の話になってしまいました。
これもかなり私的なんだけど写真をいっぱい使って書きたかったので、あるところは露出せず、名前を伏せて書きました。(^^ゞ
先日、地元の親の会主催で明石洋子さんの講演会が高松で開催されました。
これをきっかけにわざわざ埼玉から、私も一緒に活動してきたチューリップ元気の会の理事長、事務局長をされている溝井ご夫妻が、明石さんの追っかけを理由に香川観光にいらっしゃった。よくもまあ、という感じです。
もちろん、ホスト役を務めさせてもらいましたが、まずは「さぬきうどんが食べたい!」とすぐにうどんツアーの話になりました。うどんツアーの企画は地元のグルメツアーコンダクターにお任せすることに。そして聞きつけた(というかお知らせした)四国のネット仲間が久々に集まり、連日のうどんツアーと高松の夜を堪能することになりました。
さぬきうどんと骨付き鳥と瀬戸内のおいしいお魚とグルメ三昧の3日間でしたが、自分自身がとても満足!
画像でちょっとだけご紹介します。なお、講演会の報告はありません。(; ̄ー ̄)

初日はまず、空港でメンバー集合、まずは屋島のわら屋で「たらいうどん」。腹ごしらえまでも食べなかったけどみんなでわきあいあいで食べるのはとても楽しい。
07111702
07111703
次なるお店は早朝からやっている人気のセルフの「中西うどん」と思いきや臨時休業。手付きの金ざるでしゃかしゃか自分でやる喜びをみんなで味わいたいとのツアーコンダクターの心づかいでしたが、残念でした。
急遽、場所変更でスポーツクラブの駐車場の奥にある「あたりや」に変更。入り口にあたりや営業中って看板がなければ一般の人はうどん屋さんがあるのはわからない。宮武系のコシのあるうどんとイリコの薄味のダシでシンプルにさぬきうどんのおいしさを味わう。
07111701
071008_141901
三件目は今回のツアコンの地元の香川屋本店(某メーカーのアンテナショップで結構はやっているらしい)。ロードサイドの大きな大衆セルフでそれぞれ自分の好みで食べ方や揚げ物を選んで少しゆっくりして食べることができました。結局、主賓やうちの会のご夫妻もぺろりと食べちゃってました。
07111703
07111704
明石さんと主催者関係の方々は、翌日の講演を控えてまだいろいろあるため、明日の講演会で再会ということでこのお店で解散。
さて、夜の部が別にあるため、今回、車を提供してくださり、同乗させていただいた、地元のHさんにお付き合いいただき高松に戻りました。07111709
夜の部から新たに4名の方々が加わり、骨付き鳥で関東でも紹介されて有名になった「一鶴」で親鳥、若鶏を短のしながら、ビアジョッキを何度も酌み交わし大いに盛り上がりました。それだけで終わらず、高松の中心街を徘徊しながら、瀬戸内のお魚を食べさせてくれそうなお店を物色して結局、3件梯子して、久々に親交を暖めました。

溝井さんたちは、もう1泊ということで、講演会終了後、KEIZO先生ご夫妻の案内で山田屋本店のぶっかけうどんを食した後、夜はいけすを前にしたカウンターで再び、瀬戸内のおいしい魚を堪能しました。
07111813

07111818

07111808_2


07111802

さらに翌々日(月曜日)は、KEIZO先生のご紹介により、うどん製造、販売を通じて地域に貢献している坂出のN食品グループを訪問し、うどん工場や新たに事業化されたハウスによるトマトの水耕栽培を見学いたしました。直接お会いできませんでしたが、知的障害のある方もラインで戦力として働いているとのことでした。うどんの製麺過程を見るのはなかなか興味深かった。

この日のお昼は、念願の「がもううどん」で食べました。ここのところ休日はやっていないらしい。You tubeに11/3の並んでいる様子があったけどすごい並びです。月曜日の訪問いつもは1玉なんだけど、この日だけは大(2玉)で天ぷらも二つ頼んじゃいました。(^^ゞ
07111926

07111930

07111931

映画「UDON」のロケ地跡をたずね記念に写真撮影。とりあえず風景を。讃岐富士がなんとも言えずいいんですね。

07111949

07111952

最後は、香川に来たらやっぱり金毘羅(金刀比羅宮)さんを訪問します。石段を785段登って讃岐平野と讃岐富士を眺めました。

07111958

07111960

07111962

久々ににぎやかに3日間を過ごせてとても楽しいひとときでした。たまにこういうのあると元気が出ていいなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

皆既日食を見る旅

3月29日に皆既日食をみることが出来ます。あるところまで行けば。。。さてそこはどこでしょう?日本の領土内で今度見ることができるのは2009年7月のトカラ列島(鹿児島県十島村)らしい。
ということは外国ということになるのですが、実は、今回は、アフリカから中央アジアにかけて皆既日食が起こるそうです。日本時間で3月29日(水)夕方から夜にかけて現地で観測することができるということで次のアストロアーツのサイトに詳しく紹介されています。
06032531
そして、エジプトとリビアの国境当たりで観ることができるため、今回、この皆既日食を見るエジプトツアーが企画され日本全国から天体観測好きのオタクな人々が旅立っています。実はそのご一行様の中に私のカミサンと中学生の次男坊も混ざっているのです。25日に成田国際空港まで長男と一緒に見送りに行ってきました。
旅行の話を最初に聞いたのがちょうど1年前ぐらい、話を聞いて「天文オタクのカミサンの「趣味が高じて」がついにここまで来たかぁ」となんとも言えない気持ちになりました。ことの始まりは約6年前?彼女の宇宙に関する単純な疑問に答えられずに、パソコン通信の星見フォーラム(FSPACE)(今はWEBフォーラム)を紹介したのがことの始まりでした。自然とネット仲間との交流がはじまり、星見のオフ会にデビューするやいつの間にやら大砲のような望遠鏡を手に入れ、富士山の5合目にしょっちゅう通って、天体観望がスペシャルな趣味となり、そして海外へ。。。当日に至るまでには相当な準備時間と家族の間でやりとりがありましたが、カミサンのたっての願いにおやじもしぶしぶ承諾しました。次男も参加したいとの話が出て、また心配のタネが増えましたが、可愛い子には旅をさせよ!と思い、こちらも了解しました。
06032524
「エジプト皆既日食」というキーワードで検索すると結構、ツアーが企画されていることがわかります。カミサンたちのツアーは全国で90名弱でグループとしては17名(成田から12名、関空から5名)のこじんまりとしたグループに添乗員さんが3名つくらしい。息子が迷子にならないかとても心配だったおやじもグループの規模とスタッフの顔を見てなんとなく安心。添乗員さんからの注意事項に熱心に聞き入る二人を見ていてなんとなしにうらやましくなりました。説明が終わるとまだ時間はあったんですが、早く出国手続きをしたいのか記念撮影だけしたあと、そのまま出国ゲートに元気に手を振りながら入っていきました。
06032530
さて飛行機は13:55出発のイタリアのアリタリア航空ですが、展望デッキからは留まっているところが見えない。残念。イタリアのミラノで乗り換えてエジプトのカイロに向かうとのことでした。離陸のシーンを撮影しようと展望デッキで携帯カメラ構えていたんですが、連射モード(9枚連続)に慣れていなくてシャッターのタイミングが悪く、離陸前に連射が終了してしまいました。滑走路に粒のように見える飛行機に乗っています。ん~残念。
06032542
翌日、日曜日の午前10時過ぎ、出かけている最中にカイロに到着したよと次男から明るい声で自宅の電話にメッセージが入っていました。エジプトとの時差は約7時間遅いとのこと。ということは夜中なのかな無事、楽しんで帰ってくることを祈っています。

カミサンは、自分のHPに4月1日に帰国後、旅日記を掲載するらしい。今は準備編だけ載っています。
興味のある方ご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/hopper/

あと、3月29日の18:00~20:30インターネットでライブ中継を観ることのできるサイトがあります。
☆皆既日蝕実況ライブプロジェクトサイト LIVE! ECLIPSE 2006
http://www.live-eclipse.org/

| | Comments (2) | TrackBack (0)