Posts categorized "日記・コラム・つぶやき"

読書感想「悼む人」天童荒太 

「永遠の仔」以来待ち続けていた作品なのにとても重たいイメージが最初からあって手にするのをずっと躊躇していました。それが、今、この時期に読んだのは何かの巡り合わせなのかなとも思っています。
主人公「坂築静人」のなぜそこまでして他人の死を悼み続ける旅をするのか?最初の疑問は、家族や静人に関わるキーパーソンのエピソードを通じて解き明かされていきます。
「悼む」のは「冥福を祈る」のとは違うと静人は語るが、「誰に愛され、誰を愛していたか、どんなことで感謝されていたか」それを確かめて心に刻むという静人の行為の意味は物語が進むにつれて次第に理解できるようになります。
「忘れないで覚えていてほしい」と自然と思うことは、自分の存在(生きた証)が人の心に残りつづけてほしいという思いであり忘れ去られてしまうことの恐れだと思います。
不慮の事故で突然にこの世から消えてしまった大切な故人について、いつまでも覚えていてほしいというのは遺族や親しかった友人が抱く思いです。
静人の苦悩は、無二の親友を突然、失った絶望感から始まっています。一方、物語では、余命の少ない静人の母の息子や家族への思いと家族との交流が描かれてゆきますが、こちらはお互いの思いが通い合いながら死を迎え入れていくある意味、心の準備が伴う死を描きます。
静人の心の巡礼ともいえる旅の行方は、母の最期に出会えたのかははっきりとわかりませんが、母自身はそれができたことで物語は終わります。

あとがきには、この物語の萌芽となった10年前の作者のメモ書きには「多くの人の死にふれ、悲しみを背負いすぎて倒れてしまった人」、「何もする気にはなれず、ただただ悼んでいる。」と記されていたとあります。
メモに記された内容は、東日本大震災で被災した方々と重なるとともに「悼む人」の存在が身近に感じられ、また「悼む」心につながっている「哀悼の意」が世界中に溢れているのを今は感じています。

読み終えたとき「果たして自分は人の死に対して「悼む」の深い思いは理解できたのか」と内省しながら、「自分の父親の最期はどうだったのか?自分は父親の思い理解できていたのか?」と自らに問いかけ当時の思いを呼び起こしていました。とにかく読者それぞれの死生観にとても影響を与える本です。

(2011年5月18日読了)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜くらぶ連載小説「獅子王」重松清

毎日新聞の日曜版に5月から連載中の重松清さんの小説「獅子王」を読むのが最近、楽しみになっている。1週間ごとのサイクルがちょうどよく、次の展開が待ち遠しい。読み手を刺激してくれる原口健一郎さん挿絵があるのがまたいい。
角田光代さんの「ひそやかな花園」で初めて新聞連載小説を読破し、前回連載の篠田節子さんの「銀婚式」に続いて、これが3つめになりそうだ。

これまでのキーワードは「東日本大震災」、「被災地支援」、「ボランティア活動」、「若者自立支援塾」、「不登校」、「引きこもり」、「住居・生活困窮者」などなど。父親のマチスモ(男らしさの誇示)がテーマらしい。

自分自身のことを考えると、東日本大震災をきっかけに現在のミッドライフを見つめなおすきっかけになり、災害ボランティア活動の経験をしたり、話の展開がとても身近に感じる。
わが2人の息子は社会人と大学生。発達障害という特性からくるコミュニケーション、社会性の心配はつきまとう。
おやじとして息子と向き合うという場面は最近はめっきりすくなくなったけど、つい最近、親の立場を離れて子どもに自分の考え方を伝える経験をしたばかり。そのとき(だけ)は真剣に話を聞いてくれた。

今後の展開に大いに期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひそやかな花園 - 再会

角田光代さんの毎日新聞の連載小説(日曜くらぶ)欠かさず読んでいます。

キャンプがなくなり会うことのなくたった子どもたちは、二十数年経って大人になる。
それぞれ全く別の世界で生きていたのが、いつの間にかつながりができて吸い寄せられるように出会うことになる。

子どものころのキャンプの秘密はすでに明かされた。

※今日の「前回までのあらすじ」 : 「・・・夏に集まった家族の共通点は第三者の精子による人工授精で子どもを得た家族だった・・・」


「おれたち……会ってしまったんだな……」
これは、「永遠の仔」の主人公(の一人)梁平の言葉だった。
天童荒太の小説「永遠の仔」は児童虐待がベースにあったが、大人になったルフィン(優希)、モール(笙一郎)、ジラフ(梁平)、3人の偶然でしかしながら必然の出会いから事件が始まったのを思い出す。

集まった5人の中で自己紹介が始まる。その中で波留が核心をつく話をする。
「私が今日ここにきたのは、・・・・、父親を知りたいからです。ねえ、みんなそうよね?」

大人になって出会った子どもたちにこれから何が起こるのか?
これからの展開、ますます日曜日の朝が楽しみである。

いささか登場人物が多くて人物関係が複雑で忘れてしまっている。出版されたら必ずまた読むことになるだろう。

※登場人物メモ : 紗有美、樹理、賢人、波留、雄一郎、紀子、弾 この7人だったかな?


| | Comments (1) | TrackBack (0)

福祉ベンチャーパートナーズ・障害者の働く場づくりサロン

福祉ベンチャーパートナーズの「おおつかと語ろう!障がい者の働く場づくりサロン」に参加してきた。
定員14名という事務所の会議テーブルに膝詰めでお互いが顔と名前を確認できる親密度の高いミニセミナーって感じでした。
今回のゲストスピーカー埼玉県障害者雇用サポートセンターの小野さんは知り合いだったので話の内容はおおよそわかっていたんだけど、取りあえず代表の大塚由紀子さんという人を知りたかったので
参加したというのが本音です。結果としては、時間なくて面通ししかできなかったのですが、やはり美女でした。(笑)
大塚さん、マネジメントのできるカリスマなんでしょうね。今回は、話しを直接お聴きしたわけではないのでそのパワーをいただけませんでしたが、司会進行の仕切りのなかで片鱗を見ることができました。
経営コンサル出身というと多少胡散臭さがつきまとうのかなと思っていたけど、信念のようなものを感じるし、いろいろな枠組みに囚われない発想や視点が、多分、対象領域で実績を積んできた人たちにも、おやって気づかせてくれたりするんだと思う。
スタッフは皆若くて事務所が活き活きしている雰囲気があります。参加者はいろいろな立場の人たちが集まりましたが、皆何か思いを秘めている志のある人たちでした。
予定の時間を過ぎてもまだまだ話したりないという雰囲気で時間延長となりましたが、門限があって残念だけど途中退席となってしまった。自分自身は中途半端な発言しかできずにかなり後悔。思いを残してきてしまったのと勤め先からは近いので、また、ぜひ参加してみたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひそやかな花園

毎日新聞の日曜版に4月から連載中の角田光代さんの小説。
日曜日の朝は荒井良二さんのカラフルでファンタジックな挿し絵を眺めてから読むのがとても楽しみ。
初回から読んでいるが、主題や展開はまだよくわからない。
で、何がおもしろいかというと、かつて、大昔、自分も抱いていた「子どもごころ」を思い起こすからなのだ。
読み始めはとても違和感を感じて興味が湧かなかった。それは、登場人物である小学校低学年の子どもたちの語り口に全くついていけなかったからである。
小さな子どもとコミュニケートしようとするときに意識するのが、「子ども目線」であり、これとても大切なことだと思う。
「子ども目線」は、オトナである自分の立ち位置を変えずに子どもたちの目線にまで降りていって相手の子どもの気持ちをつかもうとする行為になるけど、そのときイメージできるかどうかは、「子どもごころ」をどれだけ描けるかによるのではないかと思う。
「ひそやかな花園」を読むということがまさにこの「子どもごころ」を自分で描くことと気がついたとき、俄然、興味が湧いてきておもしろくなってしまったのである。
話の展開は、子どもたちをゆっくりとオトナの世界に導いていくのかもしれない。週1というスローペースがほどよい感じで今後の展開が楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラゴンとしんのすけ

ドラゴンとしんのすけ 母が子にのこす明日という金沢発の深夜ドキュメンタリーを見ました。

知的障害と自閉症という発達障害のある青年が描く表情豊かな動物の絵から発せられるメッセージに魅入られてしまった。
そして、わが子を思い、実践している母の真摯な姿がメッセージと共に映し出されている。
せっせとイラストを描くしんのすけくんのペンから描き出される素敵な動物たち、
そんな親子を自然と応援する周囲の人々の笑顔、
単身赴任の地からしんのすけくんのイラストがUPされるblog「伸乃介の愉快な動物たち」を見ながら見守る父、
獅子吼高原の空に舞う仮装パラグライダー「しんのすけドラゴン」に思わず拍手。
個展や絵の販売を通し社会への一歩を歩み始めたしんのすけさん、応援します。

早速、この出版された本「ドラゴンとしんのすけ」を注文しました。

本日、偶然にも金沢に住む妹一家が、この連休中、東京に出てきていて、金沢に帰る途中に立ち寄った。
見送った後に録画を見たので話題にならなかったが、後で知らせて聞いてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「彼女の名はサビーヌ」

渋谷アップリンク 50人でいっぱいになってしまう小劇場
映画少年?だった若かりし頃、小劇場や名画座巡りをしていた頃を思い出す雰囲気がある。
本当は、石井めぐみさんのトークイベントがある日に行く予定だったのが、体調不良で行けなくなり、
水曜日に行ったら割引の日だった。

「レインマン」、「ギルバート・クレイブ」、「マーキュリー・ライジング」、「学校3」、「マラソン」など自閉症者を扱った映画はよく見てきたけれど
ドキュメンタリー映画は初めて。
女優サンドリーヌ・ボネール(知らないが有名らしい)が自閉症の妹サビーヌを自ら撮ったというだけあって
カメラは、肉親への暖かなまなざしが感じられます。

 「サンドリーヌ、明日も会いに来てくれる?」
 繰り返される、質問に 何度も何度も「ええ、サビーヌ、約束するわ 絶対に」 答える姉
何度もこのシーンが登場する。
 でも、一度だけ 「もううんざり」と返すシーンが挿入される。

過去と現在の対比、そして回復への期待と不安とが混在するまま映画は終わってしまいます。

訴えかけるものは伝わりました。しかし、自閉症児の親としては「ズン」と重たいです。

キャッチコピーの通り「観た人すべての胸を締めつけた」という感じが正直な感想です。

最後に 「ぼくはうみがみたくなりました」 今月末完成に向けて最後の追い込みだそうです。
早く見たいです。
そして、自主上映会も必ず実現させたい。そう思いました。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一年の計(再び)

いつもあれやこれやと一年の計を立てるけれどいままでそんなのあんまり関係なかった。
だから、去年は「言うことは1つ、やることがもう1つ。」ってまず考えた。
そして、もう一度考え直した。やりたいものごとに順番をつける前に、
先ず隗より始めよ」、
この言葉の意味を知って心に響いて、すぐにこれにしようと思い直しました。

でも、結局、自分で隗が何たるかが、分っていなかったんですよね。

「40にして惑わず、50にして天命 を知る」なんて全然無理、まだ戸惑っている。
昨年は、外から大きな変化が生じて、経験のない全く新しい環境に自分自身を晒すこと
になった。でも、大きく変わることになったからと言って、自らが変えようという思いにまで
達することがなかった。
今年は、自分でやるべきことが見えているし、自分が動かなければいけないという意識がはっきりしている。
「先ず隗より始めよ」今年は改めてこれです。
人生50年目、いつの間にかハーフセンチュリー生きてきました。
ホントいろんな意味での勝負の年だと思っています。

「言うは易く、行なうは難し」果たしてどうなるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

死後7日間のお話が2つ

仏教で人が死んでからの49日間を中陰という。
死者があの世へ旅立つ期間。四十九日。
死者が生と死・陰と陽の狭間に居るため中陰というらしい。
この最初の7日間を初七日というけど、
人がなくなって7日間で天国に行くという設定の映画をレンタルとセルビデオで二つ続けて観た。

ワンダフルライフ」と「椿山課長の7日間
父が亡くなってから死後の世界に興味があり、あの世に行くってどういうことなんだろうと思っていたのでとても面白かった。
「ワンダフルライフ」では、天国の入り口にある施設で「あなたの人生の中から大切な思いをひとつだけ選んで下さい」と言われる。そこに来た人々は自分の人生を振り返り、悩んだり、後悔したりしながら、大切な思い出を見出していく。そしてその思い出だけを抱いて天国へ旅立っていくというお話。
さて、自分の一番大切な思い出を選ぶとしたら何なんだろう?いくつかは取り出すことができるが、まだ、本当に真剣に考えてない。今は、毎日を一生懸命、大切に生きることの方が大切だと思う。
「椿山課長の7日間」は小説で読んでから観たけど映画は映画でおもしろかった。天国と地獄の中間地点にある“中陰役所”に4日目に辿りつくが、自分の死に納得いかず、かつ戻るべき事情が十分ある者は、厳正な審査のもと現世への“逆送”が特別に許可される。椿山課長は生前に“重大な事実”を知らされていなかったことが、あまりにも気の毒だという役所のお情けで、やくざの親分と小学生の少年と一緒に現世に舞い戻る。美女の姿を借りた椿山は、彼の周囲にいた人たちの真実の姿を見ることにより、絶望にうちひしがられたり、改めて本当の自分の想いに気がついてしまうが、最後はその思いを伝えることができて中陰役所にもどることができるというお話。
小説と比べるとストーリがシンプルになった分だけとんとん拍子に進んでしまうが、思いが伝わる最後のシーンはジーンと来てしまった。本当のことを知ることが幸せかどうかわからないけど、やっぱり知りたいという気持ちは(現世への思いとして)未練として残るんだと思う。死んでからそうならないように、誠実に真剣に思いを伝えて相手の気持ちを知りたいなと改めて思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うどんの国とお遍路さん

転勤することになった。場所は四国の香川県、うどんの国です。
家庭の状況からして当然のごとく単身赴任となった。
昔、なんどか四国の地に踏み入れたことはあるが、ほとんど未知の世界です。

香川県に赴任する前にやっぱり讃岐うどんのことを知らねばと思い、映画「UDON」を見た。
さぬきうどんブームというのがどんな感じだったのかわかったし、また香川県の「うどん」どういうものなのか地元の人たちの生活を通じて垣間見えたし、うどんづくりや食べ方自体もさりげなく説明されていてとても面白かった。

さぬきうどんについては次のサイトで調査中

はじめてのさぬきうどん(讃岐うどん攻略研究室)
さぬきうどん百点満点

それと、昨年の11月から12月にかけて「ウォーカーズ」というNHKドラマを見た。四国88ヶ所の札所を1番霊山寺から88番大窪寺での結願まで、主人公が歩き遍路を続ける中での人々との出会いや人生への思索が描かれていてとても深い味わいのあるドラマだった。お遍路は自分の人生を見つめなおす機会としていつかやってみたいなと思った。現実その地に赴任して四国各地を訪れる機会ができた。ぜひとも挑戦したいと思う。歩き遍路はちょっと無理かな。(苦笑)

いずれにしろ、仕事とは別に、楽しみがたくさん待っているような気がして、その点少しわくわくしている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧