Posts categorized "書籍・雑誌"

読書感想「悼む人」天童荒太 

「永遠の仔」以来待ち続けていた作品なのにとても重たいイメージが最初からあって手にするのをずっと躊躇していました。それが、今、この時期に読んだのは何かの巡り合わせなのかなとも思っています。
主人公「坂築静人」のなぜそこまでして他人の死を悼み続ける旅をするのか?最初の疑問は、家族や静人に関わるキーパーソンのエピソードを通じて解き明かされていきます。
「悼む」のは「冥福を祈る」のとは違うと静人は語るが、「誰に愛され、誰を愛していたか、どんなことで感謝されていたか」それを確かめて心に刻むという静人の行為の意味は物語が進むにつれて次第に理解できるようになります。
「忘れないで覚えていてほしい」と自然と思うことは、自分の存在(生きた証)が人の心に残りつづけてほしいという思いであり忘れ去られてしまうことの恐れだと思います。
不慮の事故で突然にこの世から消えてしまった大切な故人について、いつまでも覚えていてほしいというのは遺族や親しかった友人が抱く思いです。
静人の苦悩は、無二の親友を突然、失った絶望感から始まっています。一方、物語では、余命の少ない静人の母の息子や家族への思いと家族との交流が描かれてゆきますが、こちらはお互いの思いが通い合いながら死を迎え入れていくある意味、心の準備が伴う死を描きます。
静人の心の巡礼ともいえる旅の行方は、母の最期に出会えたのかははっきりとわかりませんが、母自身はそれができたことで物語は終わります。

あとがきには、この物語の萌芽となった10年前の作者のメモ書きには「多くの人の死にふれ、悲しみを背負いすぎて倒れてしまった人」、「何もする気にはなれず、ただただ悼んでいる。」と記されていたとあります。
メモに記された内容は、東日本大震災で被災した方々と重なるとともに「悼む人」の存在が身近に感じられ、また「悼む」心につながっている「哀悼の意」が世界中に溢れているのを今は感じています。

読み終えたとき「果たして自分は人の死に対して「悼む」の深い思いは理解できたのか」と内省しながら、「自分の父親の最期はどうだったのか?自分は父親の思い理解できていたのか?」と自らに問いかけ当時の思いを呼び起こしていました。とにかく読者それぞれの死生観にとても影響を与える本です。

(2011年5月18日読了)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜くらぶ連載小説「獅子王」重松清

毎日新聞の日曜版に5月から連載中の重松清さんの小説「獅子王」を読むのが最近、楽しみになっている。1週間ごとのサイクルがちょうどよく、次の展開が待ち遠しい。読み手を刺激してくれる原口健一郎さん挿絵があるのがまたいい。
角田光代さんの「ひそやかな花園」で初めて新聞連載小説を読破し、前回連載の篠田節子さんの「銀婚式」に続いて、これが3つめになりそうだ。

これまでのキーワードは「東日本大震災」、「被災地支援」、「ボランティア活動」、「若者自立支援塾」、「不登校」、「引きこもり」、「住居・生活困窮者」などなど。父親のマチスモ(男らしさの誇示)がテーマらしい。

自分自身のことを考えると、東日本大震災をきっかけに現在のミッドライフを見つめなおすきっかけになり、災害ボランティア活動の経験をしたり、話の展開がとても身近に感じる。
わが2人の息子は社会人と大学生。発達障害という特性からくるコミュニケーション、社会性の心配はつきまとう。
おやじとして息子と向き合うという場面は最近はめっきりすくなくなったけど、つい最近、親の立場を離れて子どもに自分の考え方を伝える経験をしたばかり。そのとき(だけ)は真剣に話を聞いてくれた。

今後の展開に大いに期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひそやかな花園 - 再会

角田光代さんの毎日新聞の連載小説(日曜くらぶ)欠かさず読んでいます。

キャンプがなくなり会うことのなくたった子どもたちは、二十数年経って大人になる。
それぞれ全く別の世界で生きていたのが、いつの間にかつながりができて吸い寄せられるように出会うことになる。

子どものころのキャンプの秘密はすでに明かされた。

※今日の「前回までのあらすじ」 : 「・・・夏に集まった家族の共通点は第三者の精子による人工授精で子どもを得た家族だった・・・」


「おれたち……会ってしまったんだな……」
これは、「永遠の仔」の主人公(の一人)梁平の言葉だった。
天童荒太の小説「永遠の仔」は児童虐待がベースにあったが、大人になったルフィン(優希)、モール(笙一郎)、ジラフ(梁平)、3人の偶然でしかしながら必然の出会いから事件が始まったのを思い出す。

集まった5人の中で自己紹介が始まる。その中で波留が核心をつく話をする。
「私が今日ここにきたのは、・・・・、父親を知りたいからです。ねえ、みんなそうよね?」

大人になって出会った子どもたちにこれから何が起こるのか?
これからの展開、ますます日曜日の朝が楽しみである。

いささか登場人物が多くて人物関係が複雑で忘れてしまっている。出版されたら必ずまた読むことになるだろう。

※登場人物メモ : 紗有美、樹理、賢人、波留、雄一郎、紀子、弾 この7人だったかな?


| | Comments (1) | TrackBack (0)

ひそやかな花園

毎日新聞の日曜版に4月から連載中の角田光代さんの小説。
日曜日の朝は荒井良二さんのカラフルでファンタジックな挿し絵を眺めてから読むのがとても楽しみ。
初回から読んでいるが、主題や展開はまだよくわからない。
で、何がおもしろいかというと、かつて、大昔、自分も抱いていた「子どもごころ」を思い起こすからなのだ。
読み始めはとても違和感を感じて興味が湧かなかった。それは、登場人物である小学校低学年の子どもたちの語り口に全くついていけなかったからである。
小さな子どもとコミュニケートしようとするときに意識するのが、「子ども目線」であり、これとても大切なことだと思う。
「子ども目線」は、オトナである自分の立ち位置を変えずに子どもたちの目線にまで降りていって相手の子どもの気持ちをつかもうとする行為になるけど、そのときイメージできるかどうかは、「子どもごころ」をどれだけ描けるかによるのではないかと思う。
「ひそやかな花園」を読むということがまさにこの「子どもごころ」を自分で描くことと気がついたとき、俄然、興味が湧いてきておもしろくなってしまったのである。
話の展開は、子どもたちをゆっくりとオトナの世界に導いていくのかもしれない。週1というスローペースがほどよい感じで今後の展開が楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クライマーズ・ハイ に思う

前もって少し書いていたものを8月12日にUPしようとしていてうっかり失念していたのと書きかけ状態が気に入らなくて没日記にしていたんだけど、blogが止まってしまっているのでそろそろと思い記事を開いたらなんとなくまたUPしたくなりました。だから内容は古いまんまです。なんとなく主題がずれちゃっているんだけどまぁいいか。(^^ゞ

昨日は、御巣鷹山の日航機ジャンボ墜落事故から22年目の夏でした。
特段の思いがあったわけではないけれど、事故当日の報道の様子については断片的だが今でも記憶が鮮明だ。
当時、九州支店勤務で福岡で独身生活しており、実家へ帰省する前日だったような気がする。

「クライマーズ・ハイ」の作品を通じて著者自身の人生に対する所感(日経ビジネス風に言えば有訓無訓)が掲載されたサイトを見つけた。いくつか作品を読み終えた後なのでとても興味深く読むことができた。残りの本も読んでみたい。

「クライマーズハイ」とは、ロッククライミングの際、興奮状態が極限まで達して、恐怖心がなくなる状態のこと、この魔法?が何らかの拍子に解けたとき一歩も動けなくなる恐怖が襲う。
日航機ジャンボ墜落事故を巡る地方新聞社の怒涛の一週間の中、事故原因スクープを巡る社内外の熾烈な駆け引き、その中心にいた主人公の心理状態はまさにクライマーズ・ハイ、最後の1分1秒を争う極限状態の中での決断のあと、主人公の心身状態は如何ばかりであったろうか?
17年後の谷川岳一ノ倉沢衝立岩中央稜でのオーバーハングを乗り越えるシーンとオーバーラップして思いが巡る。
私は、高校、大学と山に登っていたが、本格的なロッククライミングはやったことがない。だからもちろん実際のクライマーズハイは経験したことはないが、数年前、高校時代の後輩と奥多摩で沢登りをやっていたとき、滝の高巻きルートの目測を間違え途中で登ることもできず、降りることもできず、立ち往生してしまった恐怖体験がある。
体力的にも自分の体重を支えられない今、クライマーズハイは経験することは絶対無いだろう。
仕事での極限状況というのは、立場上、これからも訪れる可能性はある。そのときこそ、真価が問われ、自分が試されるときでもある。立ち向かう逃げない姿勢を崩したら最後、クライマーズ・ハイが解けたのと同じ状況に陥るのだろう。

主人公の新聞記者としての生き様が主題なのだが、親子の確執、絆が重要なモチーフになっており、おやじの立場としてその点でもとても興味深かった。

今、映画化の準備が進んでいるらしい。堤真一が主役らしいが、大いに期待している。ぜひ見たいと思っている。

今回、学生時代にお世話になった統計学の先生が「日航機御巣鷹山墜落事故より18年」という記事をご自分のHPに掲載されているのを知りました。 こちらも興味深く読みました。こういう出会いはなんだか不思議です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

芋づる式 そして「半落ち」

あるきっかけから興味を持つと次から次へということが「まま」あります。人脈しかり、趣味しかり。。。
最近は小説を読む習慣がしばらく途絶えておりましたが、昨年、再放送されたNHK土曜ドラマ、クライマーズハイを見たのをきっかけに「横山秀夫」にはまりました。「動機」「真相」「震度0」「深追い」「クライマーズ・ハイ」「半落ち」と読み進みました。まだまだ読みたいと思う。

警察を舞台にした小説が多いが、中でも「半落ち」はとてもよかった。扱ったテーマ「アルツハイマー」もよかったし「落ち」の部分にはいたく感動した。(同じ経験者なので) 
でも、主人公の内面を想像するのに小説によるイマジネーションよりも、映画を見たことによる映像の印象による補強(特に寺尾聡が役にはまっていた)があったから、すんなり入ってしまったのかもしれない。実は以前「映画」の方を先に見てしまっていたので小説だけの純粋な感想ではないのかもしれない。原作と映画でものすごくギャップがあってどっちかを止めておけばよかったと思うこともあるけど、「半落ち」については小説と映画とトータルで捉えてもよしとしている。
この「半落ち」に関する作家たちの専門的評価は果たして厳しかったようだ。「直木賞の全て」というサイトの「小研究」というページに「横山秀夫氏の「直木賞決別宣言」について」があり、当時の直木賞選考委員の各コメントを見た。それぞれなるほどと思ったが、問題とされた「落ち」の部分は他のサイトで知ったが、選考に関してそれほど大きく左右する問題なのかよくわからなかった。

今のところ「クライマーズ・ハイ」が「一押し」ですね。こちらはもう一度、コメントします。

この記事のタイトルから芋づる式の語源知り、面白かった。 用例として確かにあまりいい表現で使われないけど、語源と用例を結びつけるのは鹿児島の人怒っちゃいますよね。失礼。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ラ・トゥールの絵を見に行くぞ! 2

「ラ・トゥールの絵のポスターを見てウタ・フリスの本を紹介する」というものすごい「こじつけ」まではよかったんだけれどもこの絵を題材とした自閉症の説明に関する記載の記憶がぜんぜん違っていました。ごめんなさい。m(_ _)m
印象は書いてみたものの、いささか記憶に自信がない。書いた内容が実際はどうだったのだろうと、今日、図書館に行って久々に「自閉症の謎を解き明かす」を手にとって見ました。確認してみると、「あらっ?ぜんぜん違うじゃん!」。。。(-_-;)

表紙の「いかさま師」の絵は、各人の「顔」と「トランプを持つ手元」を断片的にばらばらに切り抜かれてモザイク状に配置されていました。そして、絵全体については、扉に掲げられていました。絵のタイトルについては、用語解説のページで紹介されていました。

扉の絵については、「心を考える」の章の出だしに紹介されており、「心の理論」とそれが自閉症児に欠けている可能性の導入部に使われていました。具体的には、(絵のタイトルを知らずに)絵を見た際にカードゲームをやっていることはわかっていてもそれが、「いかさま」を行っている場面であるということを推定できるまでの(心理化の)過程の解説に使われていました。そして、表紙の絵については、用語解説として、自閉症の人たちの知覚や行動の重要な特徴であるとした「断片化」というのキーワードに対する説明に利用されていました。

扉の絵の全体像からは、絵の中の人々の意図や信念が織り成す世界についての全体の一貫した意味を「トランプのいかさま」を描いているという読み取りが出来るのに対して、表紙の絵のように顔や手元をパーツとして分解して提示されると、意味が読み取れずに、人物の視線がとても奇妙で不気味な印象として残ってしまうという健常の人の感覚を比較対比することによって、自閉症の人たちの刺激の過剰選択性(シングルフォーカスの状態:全体の意味をとることができず、断片的な情報刺激)に対する奇妙な反応(反響言語/エコラリアや常同行動など??)を擬似的に体験するということに利用されていたのでした。

今回、絵のことが直ぐに思い出されたのは、表紙の絵の断片的情報から受けた奇妙な印象(特に登場人物の視線)が、後々までこの絵を記憶に残すことになったんだなと思いました。これは、自分の自閉症的「こだわり」の特性によって絵を覚えていたのではなく、表紙から受けた(正常な感覚としての)奇妙な印象が、そのまま記憶に残っていたのかな思い直していたりしてます。ま、どっちでもいいけど。(^^ゞ

あと、この件では、1月のYMCAセミナーのLD疑似体験の中で、つながりのない断片的な文章を何度、読み返しても意味がつかめなかったのに、絵を指し示されて見ながら文章を読んで見ると直ぐに意味がつかめたことを思い出しました。

追伸、今回の絵の解説をあちこちで読んでいた中で、どちらかが明らかに間違いである部分があります。構図の中で一番右にいる人物は婦人であるという解説と若い男であるという解説がありました。さてどちらでしょうか。リンク先の絵全体をよく見てください。

あと、いかさま師には(ダイヤのエースを持った)バージョンと(クラブのエースを持った)バージョンがあることを知りました。かなり驚き。そして、今回、鑑賞できるのは(ダイヤのエースを持った)方だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ラ・トゥールの絵を見に行くぞ!

10年ほど前になりますか。かつて、長男に発達上の問題があることに気がつき自閉症に関する本を読みあさった時期がありました。その頃、出会った本で、ウタ・フリス博士の自閉症研究の名著「自閉症の謎を解き明かす」という本は、伝説や歴史にもその痕跡をたどりつつ、自閉症という謎に迫り、その全体像を初めておやじに指し示していただいた大変ありがたい本でした。いまではすっかり有名な心の理論に関する「サリー・アン課題(※)」が紹介されている本です。
この本の表紙を飾ったバロック時代のフランスの古典主義画家である「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール」の「いかさま師(ダイヤのエースを持った)」の絵がとても印象的でいつまでも記憶に残っていました。お互い視線を合わせないポーカーフェイスのいかさま師と女性たちの姿を自閉症の特徴の説明に使っていたことを記憶しております。

その、ラ・トゥールの絵画展が東京・上野公園の国立西洋美術館で今週から開催されていることを地下鉄のポスターを見て知りました。\(^o^)/

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール - 光と闇の世界
会    期: 2005年3月8日(火)~5月29日(日)
開館時間: 午前9時30分~午後5時30分(金曜日は午後8時)
※入館は閉館の30分前まで
休 館 日: 月曜日(ただし、3月21日、5月2日は開館、3月22日(火)は休館)
主    催: 国立西洋美術館、読売新聞社
後    援: フランス大使館
協   力: 日本航空、西洋美術振興財団
マルチメディア協力:  コーデックスイメージズインターナショナルクインランド、京都市立芸術大学

前売り券は買えなかったけれど割引券が国立西洋美術館のサイトのページにありました。さあ、これをもって鑑賞に行こう!あ、長男と見に行くとロハになるな。^_^;
自分ってなんてへんてこなこだわりと執着があるんだろうと、こんなときってわれながらすごいと思う。やはり、おやじの血をひいているな。息子君たちよ。

※サリー・アン課題については、圭三先生の個人サイトの「心の理論」のページを参考にしてね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

LD疑似体験&「いいところ」応援計画

(財)埼玉YMCA軽度発達障がい理解セミナー
「軽度発達障がいの理解と支援~擬似体験を通して」 
西埼玉LD研究会の先生方
「軽度発達障がいを持つ子の『いいところ』応援計画」
 所沢市教育委員会 健やか輝き支援室 阿部利彦先生

先月、YMCAのセミナーがわがまちで開かれました。日ごろから親の会の活動などでお世話になっている「西埼玉LD研究会」の先生方、そして、昨年のNHKハートフォーラム・全国LD親の会シンポジウムに登場された「いいところ応援計画」の阿部利彦先生の二本立てという豪華セミナーでした。会場が自転車で10分という至便な場所だったのでラッキー。ご近所の親の会の方々との新しい出会いもあり、とても楽しい2日間でした。

西埼玉LD研究会の先生方は、昨年のLD学会の教育研究部会の企画シンポジウムにも登壇されていたので、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、埼玉県の南西部地区(所沢、入間市)の小学校の通常学級の先生方が中心となって発達障害のある子どもたちへの具体的な教育的支援の実践と先生方、一般の方に向けての理解、啓発の活動されております。
セミナーの内容は、LD(学習障害)児やその周辺児が毎日教室の中で経験していると思われる学習上のつまづきや困難、それに伴って起こってくるフラストレーションや怒り、緊張などの感情を擬似的に体験して、子どもの感じていることを自分自身の感覚で理解してみようという試みです。
1.話を聞く(聴覚認知)
2.書く(目と手の協応)
3.不器用さ
4.読む(視覚認知・聴覚認知・関係の認知)
の四つについて、何も支援がない場合とつまづきを理解した上での援助のある場合の2つのケースを体験をしたのですが、あとから感想のメモを見てみると課題のたびに「いらいら感」を味わいながらこんな生活を四六時中送っていたらさぞかし疲れてしまうだろうなあと実感しました。

(実際にやってみた自分の感想) ※課題の内容は省略です。
 できなかったときどんな気持ちになりましたか?
1.話を聞く → 途中で聞く気がなくなり、ほかのことを考えてしまった。
2.書く → 思うように手が動かないもどかしさ。イライラ。先生からの声かけはプレッシャー
3.不器用さ → イライラ、やる気をなくす、どうでもいいや、先生にどなったり、反抗したくなった。
4.読む → 答えがわからないのでまずいいわけしたくなった。もう少し時間がほしかった。「わからないの?」と聞かれて「ああそうだよ」と居直りたくなった。問題自体が悪いと思った。

 援助されてわかった(できた)ときどう感じましたか?
1.話を聞く → 聞こうという気になった。言われたことが頭に入った(が、メモしなかったためまた忘れてしまった)
2.書く → リラックスできるような声かけでイライラが減った。集中してできた。最後までやろうと思った。
3.不器用さ → たとえ下手でも完成すればうれしい。できないときの援助はありがたかった。
  ※自分でやりたいときは手を出してほしくない。どうしてもできないときには手をさしのべてほしい。
4.読む → できないことをダメと決め付けないでほしい。ヒントを出してほしい。方法論を示してほしい。
  ※あとから気づいたこととして「絵で表現してほしい。」

また、阿部先生の子どもたちへの支援のノウハウがぎっしりつまったスペクタクルなお話はとってもよかったです。
ユーモア溢れる豊かな感性から次から次へと飛び出す現場の会話に会場全員で爆笑してしまったり、ズバッと核心をつかれてドキッとさせられたり、ととても充実した楽しく有意義な1日を過ごさせていただきました。最近、「発達障害のある子の困り感に寄り添う支援」という本(お薦め本コーナーに紹介)が学研から出されて好評?ですが、まさしくそれを地で実践されているお話でした。ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

お気に入りの阿部先生オリジナルキーワード・キャッチフレーズ

「いいところ」応援計画
流れは、「いいところ探し」→「いいところ気づき」→「いいところ増やし」
応援のためには「気持ちがわかる」→「行動(の意味)がわかる」→「よさがわかる」→「どうしてあげればいいかわかる」
「この15分を18分にするために」

究極の支援は本人に気づかせずに本人ができたと達成感を味わうこと
「しっかり、きっちり、ちゃんと、がんばろう」から脱却しよう。
「心のストライクゾーン」を拡げよう!
人生を楽しむ大人のモデルに!

なお、阿部先生の「いいところ」応援計画については所沢・軽度発達障害児を支援する会「よつばくらぶ」のウェブサイトに紹介されています。

「いいところ」応援計画って、何気に次男の周囲でやってもらえる機会が多かったんじゃないかと改めて思っています。これまでの担任はじめ学校の先生や学校外で支援してくださった皆さんに改めて感謝です。ではまた。(^o^)丿

追伸、
西埼玉LD研究会の先生方がお薦めで実践にも使用されているという研究報告「学習障害(LD)児等の指導に関する調査研究-実態把握、指導内容及び指導方法の在り方について-」が、埼玉県立総合教育センターのサイトに掲載されていますので参考にご紹介します。学校の先生方は大変参考になるかと思います。
目次の一部
4》子供の実態のとらえ方
 1 実態のとらえ方
 2 わたしたちにきづいて(スクリーニング表)
 3 わたしはこんな子(個別評価表)
 4 ここまでわかります(学習評価表)
 5 ほんとうのわたしを見つけて(認知評価表)

教育資料のサイト←にアクセスして 特別支援教育関連の「学習障害(LD)児等に関する調査研究」をクリックすると内容がPDFファイルで全文見ることができます。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

おすすめ本「ぼくはうみがみたくなりました」

ぼくはうみがみたくなりました

この本がぶどう社より出版されたのを知り、即座にアナママさんの応援サイトで注文して読んだおやじです。正確には2002年10月15日に読み終えた最初に購入したサイン入り本は、その後、宣伝のために人に貸したきり戻ってきていません。(T_T)
最近、どうしてもまた読みたくて改めて注文しました。読み直しています。
とってもいい本だと思い、これまでも口コミで紹介してきましたが、あんまり売り上げには貢献できていなかったかと思います。

さて、つい最近、自分のblogで本を紹介する方法を知りました。MyBlogの「お薦め本」コーナーの一冊目として、山下さんの本をご紹介します。ここを訪れていただいた皆さんにぜひとも読んでほしい本です。書評としては、リンク先のコメント(LEOさん)の言葉につきますが、私が最初に読んだときの自分の読後コメントが残してありましたの恥ずかしながらもUPします。虹父さんのblogを読むと裏話などもわかるかも。バックナンバーの最初からね

自分が読んだ本の中から、お薦めする本についてこれからもときどき紹介したいと思っていますので、皆さんの参考になるかどうかはわかりませんが、興味が湧いた方はぜひ読んでみてください。

以下、かつて、最初に読み終えたときの読書感想文です。

何度かに分けておととい読み終えました。
読み進みながら、過去を顧みている自分に
気がつき、鏡のようだと思いました。
読み終えるとすがすがしい気持ちになりま
した。そして、しみじみといいお話だなあ
と思いました。

主人公はだれかなと考えましたが、自分に
とってだれもが主人公だなあと思いました。
城ヶ島には二十歳のとき以来行っていない
のでとても懐かしく思いました。
そして湘南の海と明日美のこころの動きが
若き頃の自分の姿と重なりました。

最初は、山の頂きで360度の眺望の中、
真っ青な空の下で読み始めました。
最後は通勤電車の中で読み終わりました。
そして、ぼくもうみがみたくなりました。

自閉症を理解するための本としてもとても
良い本だと思いました。

みんなに読んでもらいたい。
ドラマにもしてもらいたい。
レインボーおやじさん、いい本ありがとう。

ではまた。

#読んでいる間は、自分のイメージをキープ
 するため、極力、レインボーおやじさんの
 顔は思い出さないように勤めました。^_^;
#サインがかっこよかったです。

以上、感想文終わり。

| | Comments (1) | TrackBack (0)