« 仙台・宮城災害ボランティア活動7(活動前日) | Main | 日曜くらぶ連載小説「獅子王」重松清 »

仙台・宮城災害ボランティア活動8(活動前日)

続きです。
(みやぎ連携復興支援センター)
講演会が終わった後、連日開催しているという「みやぎ連携復興支援センター(通称:みやぎ連復)」連絡会議にゲストとして見学させていただきました。

被災者支援なために多くのNPOが立ち上がり、それぞれが被災者のニーズに対応するために自らの役割とその強み弱みを認識して連携を模索していく中で形になったのが「みやぎ連携復興センター」。
宮城県内外の情報・支援センターとして、被災者情報の収集、ニーズの把握さらには被災者を直接支援するNPO法人、団体からのニーズの集約等を行い、救援から復興への道筋を進めていくためのNPO連携組織としておもに次の5団体を中心に設立されたとのことです。(いただいた資料より)

今回の会議には、NPOセンター、つなプロ、JPF、PSCのメンバーが参加し、NPOせんたーから対外向メッセージの案が提示されておりました。(内容省略)
ほっぷの森」の白木さんから昼食をご一緒した際にこの連携についてはうかがっておりましたが、白木さんとしては、これからは各団体の連携が整理されていく中で、被災地のニーズも変化してきており、物資面だけでなく相談支援やこころのケア、障害者支援、スポーツ、音楽、教育、こどもたちの遊びへのサポート体制を作っていく必要があると考えているそうです。

以下に各団体の概要と活動状況を紹介します。(いただいた資料及びWEBサイトより)

NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
仙台・宮城地域の市民活動団体支援を行っている中間組織。被災地と様々な専門性を持つNPOや企業をつなぎ、被災者を支援するプロジェクト(みやぎ連復定例会)を進める。
定例会の様子/4月28日

被災者とNPOをつないで支える合同プロジェクト(つなプロ)
県内600ヵ所避難所のアセスメントの実施により、物資供給・避難所運営支援など避難所生活を総合的に支える「広く大きな」支援と連携しながら、特別なニーズを持つ少数の被災者(*)への「ピンポイント」な専門的支援を中心に、専門NPO・機関などと連携して支援を実施。
(*)アレルギー・難病患者、障碍者、外国人、軽度の要介護者
精神的要支援者、妊産婦、女性への配慮等
活動状況その1その2

認定NPO法人ジャパン・プラットホーム(JPF)
海外で災害・紛争後の復興支援を行うNGO/NPOのための中間支援をしているNGO。32団体が加盟。現地NPOとJPFに加盟している団体との調整や海外の国際的NGOとの調整を実施する。
活動状況その1その2

公益社団法人仙台青年会議所(仙台JC)
宮城県内各地の青年会議所や日本青年会議所と連携し、被災地への支援物資の調達、災害ボランティアセンター(ボラセン)との連携を行う。
活動状況その1その2

一般社団法人「パーソナルサポートセンター(PSC)」
前回説明しました。
反貧困みやぎネットワーク、仙台JC、ワンファミリー仙台、ふうどばんく東北AGAIN未来環境福祉ネットワーク、ほっぷの森、などが参加。
避難所のニーズに応じて全県域に物資支援、炊き出し支援を震災直後から実施。復興センター及び物流センターの管理を担当

|

« 仙台・宮城災害ボランティア活動7(活動前日) | Main | 日曜くらぶ連載小説「獅子王」重松清 »

ボランティア活動」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仙台・宮城災害ボランティア活動8(活動前日):

« 仙台・宮城災害ボランティア活動7(活動前日) | Main | 日曜くらぶ連載小説「獅子王」重松清 »