« いよいよ地元川越で「ぼくはうみがみたくなりました」を上映します。 | Main | 仙台・宮城災害ボランティア活動その1(初日) »

川越スカラ座で音声ガイド付上映会再び

1年ぶりぐらいのblogです。(;^_^A

4月24日川越スカラ座で「その街のこども 劇場版」を観てきました。

2010年1月17日にNHKドラマでテレビ放映され、大反響を呼び、異例の劇場版として制作された映画です。

これは、阪神・淡路大震災をテーマにした作品です。
子供の頃に被災した男女が15年後の神戸で偶然に出会い、今まで向き合ってこなかった心の傷を改めて直視し、克服しようとする姿を描いています。

観ているとこの東日本大震災と思いがどうしても重なっていく。
15年後の世界なんて全く想像できないけど。遠い未来。でも、その日はやってくるんでしょう。
今、この時期にこの映画を観るのは被災された方のことを想うと本当に重い。でも希望でもあります。

そして、本日30日、再び川越スカラ座で「その街のこども 劇場版」を「声なびシネマわかば」の皆さまによるライブ音声ガイドにて鑑賞してきました。

川越スカラ座さんでチューリップ元気の会の主催で「ぼくはうみがみたくなりました」を自主上映してからちょうど1年経ちました。
昨年の同じ日、同じ時間に「ぼくうみ」を音声ガイドで上映したのがきっかけで再び、音声ガイドの上映が行われたことはとてもうれしいことです。
代表の方とも1年ぶりに再会、声をかけたら「誰かしら?」とおっしゃられましたが、「去年お世話になりました」とご挨拶したら、すぐに思い出して下さいました。

音声ガイドはFMラジオで周波数を合わせて副音声として映画の音と併せて聴くことになります。通常はテープに録音して上映に合わせて流すのですが、今回はライブで3人の方が交代して、上映に合わせて解説を添える形でした。音声ガイドされた一人は昨年の自主上映を行う際に大変お世話になった方。先週、本日の準備のためにスカラ座にいらっしゃって偶然に再会し、思わず音声ガイドの回を鑑賞する約束をしてしまいました。(^.^;

映画上映前の前説がなかなかよかったですね。
「新神戸駅から三宮駅は、川越駅から本川越駅ぐらい、三宮から御影までは、川越から鶴ヶ島ぐらいの距離ですよ、でも神戸は県庁所在地になっているので埼玉で歩いているより、街中を歩いていくイメージですね。」と上映会参加者にイメージできるようにお話されます。
映画に出てくる特徴的な「シンサイミライノキとシンサイミライノハナ」についてもイメージできるように具体的に説明がありました。

ラジオで聴いているように目を閉じて鑑賞してみようとしましたが、一度、映像を見てしまっているので、イメージングしようと思っても先週観た映像が頭に浮かんできてしまいダメですね。つい目を開けてしまいます。5分も経たないうちにあきらめてしっかり映像も見ることにしました。(^.^;
音声ガイドを先に鑑賞してから、通常の上映で観る順番なら疑似体験できたでしょう。

ところでお客さんはわんちゃんお連れの方もいらして大賑わいでした。
来てよかったぁ。(^o^)
Nec_0393
Nec_0395
Nec_0398

|

« いよいよ地元川越で「ぼくはうみがみたくなりました」を上映します。 | Main | 仙台・宮城災害ボランティア活動その1(初日) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「地域で活動」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 川越スカラ座で音声ガイド付上映会再び:

« いよいよ地元川越で「ぼくはうみがみたくなりました」を上映します。 | Main | 仙台・宮城災害ボランティア活動その1(初日) »