« びすたーり 仙台にて | Main | 川越スカラ座で音声ガイド付上映会再び »

いよいよ地元川越で「ぼくはうみがみたくなりました」を上映します。

レインボーおやじさんが映画製作を決意してはや4年。
これまで何度も紹介させていただいた映画「ぼくはうみがみたくなりました」の自主上映会をとうとうやることになりました。
製作資金のカンパ活動から始まり、映画制作が決まったのが2年前。主役淳一もオーディションで決まり、その年の夏に撮影終了、編集作業を終えて出来上がったのがちょうど1年前。4月に最初の試写会があり、夏に恵比寿の東京都写真美術館でロードショー、各地での自主上映会が9月から開始、もう10回は観たかもしれませんが、いよいよ地元川越でこれまでいろいろお世話になってきたチューリップ元気の会の協力をいただき、4月29日(木・祝)、30日(金)の2日間、計3回、地元川越で自主上映会をやることになりました。
場所は、私が中学から高校時代に足繁く通った懐かしの老舗映画館「川越スカラ座」HPはこちら
長かったようでなんだかあっという間という感じです。
上映会の内容は、専用ホームページを作りましたのでこちらからご覧ください。特別鑑賞券(前売り割引券)の申し込みも直接できます。
ゴールデンウィークの始まる時期になりますが、すっかり暖かくなった春のひとときを観光名所川越においでいただき、映画「ぼくうみ」をぜひご観賞ください。よろしく~ (^o^)丿

|

« びすたーり 仙台にて | Main | 川越スカラ座で音声ガイド付上映会再び »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「発達障害・自閉症」カテゴリの記事

「地域で活動」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いよいよ地元川越で「ぼくはうみがみたくなりました」を上映します。:

« びすたーり 仙台にて | Main | 川越スカラ座で音声ガイド付上映会再び »