« カボスワインさん講演会 《家庭と学校が楽しく連携できちゃう講座》 | Main | 映画「彼女の名はサビーヌ」 »

“障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕

blogはとても久し振り。(;^_^A
単に放置しているわけじゃないけど、無理に書く必要ないし、今年はどうしようかなぁ。

さて、勤務先でいつもメルマガでチェックしている日経ビジネスオンライン 先週配信された「企業・経営」の分の中の記事でとても興味ある記事があった。

「この国のゆくえ 危機の今こそ」 というタイトルで、米国金融危機から始まった未曾有の世界同時不況により、日本では非正規雇用従業員といった弱い立場の人が「ハケン切り」や「雇い止め」といった形で職を失い社会問題化しているなかで「針路なき日本。今こそ、国家の在り方や社会のあるべき姿をわれわれ一人ひとりが考えるべき時ではないだろうか。」ということでセーフティネットはどうあるべきかを考えるシリーズが今年から始まった。その第一弾である。4回に分けて掲載された。

2009年1月15日 働きたい者には等しく機会を与える

2009年1月16日 厳しい数値目標が国営企業を鍛えた

2009年1月19日 弱者を変えた冷徹な合理性

2009年1月20日 強い国を作った「人を切らない」思想

スウェーデンといえば福祉国家で税金の高い北欧の国というイメージとイングマール・ ベルイマンという映画監督の映画ぐらいしか知らない国であるが、障害者雇用率90%以上2万人が就労する国営企業の取組を紹介したこの記事を読んでみて、福祉国家という特別な環境だから自然とできたわけじゃないことがわかりました。
福祉は弱者救済という視点からは見えてこない強い国造りのあり方がこの企業を通じて垣間見えます。今の日本の障害者施策の先が少しだけ見えてくるようなお話でした。もちろん、自分なりにいろいろ考えさせられましたが、具体的なことはメンバー制の記事(誰でも会員にはなれますが)なので控えます。(というか整理できていないのが本音)

この記事を読んだ読者層がどうとらえているのか気になり、アンケートを見ると答えた人の9割以上が「とても参考になった」、9割近くの人が「ぜひ読むべき」としていた。コメントには批判的意見も交えて自分とはまた違った視点での意見が投稿されこれもまた参考になった。
読者層全体(母集団)からの回答者の割合はわからないけど経営者層、管理職層が記事を読むということだけとっても意義があると思う。次回以降の記事にも期待しています。


|

« カボスワインさん講演会 《家庭と学校が楽しく連携できちゃう講座》 | Main | 映画「彼女の名はサビーヌ」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「障害者雇用」カテゴリの記事

「障害者施策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕:

« カボスワインさん講演会 《家庭と学校が楽しく連携できちゃう講座》 | Main | 映画「彼女の名はサビーヌ」 »