« 筆子その愛 天使のピアノ | Main | 発達障害のある子どもたちの就労について考えるシンポジウム »

さよなら ニフティフォーラム

「この度、2007年3月31日(土)をもちまして「フォーラム@nifty」(フォーラム、サークル、マイデスク機能)は終了いたしました。これまでの長い間「フォーラム@nifty」をご利用いただいた皆様に厚く御礼申しあげます。 」

ひとつの時代が終わりました。

12年ほど前、インターネットが普及する以前のこと、「パソコン通信」というモデムを利用したテキストベースの情報交換手段が盛んだった時期に、NIFTY-SERVEやPC-VANに出会い、こんな便利な方法で全国の人から生の情報を手に入れることが出来るのかと驚くと共に、自分の知りたいことだけでなくお互い同じ趣味や興味をもつ人同士が集まり、ネット上で会話ができるフォーラム、SIGに参加したときは、天地がひっくり返るぐらい世の中がいきなり変わってしまった気がした。

2005.08.02
10年目

NIFTY-SERVEの障害児教育フォーラム(FEDHAN - Forum of Education for Handicapped)に出会ったときの興奮は今でも忘れません。まだ就学前だった長男の療育情報をあちこち捜し求めていた時期だったので困って聞きたいことを会議室に投稿するとじきに全国あちこちからコメントがついてアドバイスがいただいたときの感動とやらはなんと表現していいのか?

2005.08.04
パソ通デビュー当時(十年前の書き込み)

ひとつは、今のようにインターネットで自らが掲示板やMLをつくってあちこちで情報交換できて検索すれば何でもわかる時代じゃなかったからだと思う。ネットで知り合ってこんなに仲間意識を強く持つことができて、今でも仲間でいることが出来るのはパソコン通信という限られた通信手段の中で培われた濃密な仲間意識じゃないかと思う。

NIFTY-SERVEのフォーラムは開始後まる20年でその歴史を閉じることになったそうだ。そして、大変お世話になりとても居心地のよかったFEDHANも同じく終了となった。
障害児教育フォーラムからのお知らせです。
 ニフティサーブのフォーラム開始とともに歩んできた障害児教育フォーラムもフォーラム@niftyの終了とともに終了することとなりました。」

寂しいけれども仕方がないのかとも思う。
ただ、とてもうれしいことにmixiなどで小集団を作ってみたメンバーの新たに集まる場がSYS-OPのLEOさんはじめスタッフの皆さんのご尽力により新しくできました。NIFTYから独立した新生障害児教育フォーラムです。

障害児教育フォーラムへようこそ!
http://www.fedhan.net/

 2007年4月1日から、法律的に特殊教育から特別支援教育に変更されましたが、障害のある子どもたちの生活が急激に変わるわけではありません。
 1987年7月に、障害児教育の情報交差点として発足した私たちのフォーラムを、新たな形で継承していくために、ここに新生障害児教育フォーラムが動き始めました。
 多くの皆さんによる活発なご参加を期待しています。
          障害児教育フォーラムスタッフ一同

これからもFEDHANにお世話になります。どうぞよろしく!

追伸です。
WEBフォーラムとして継続していたその他のフォーラムの多くが folomy 
http://folomy.jp/ という新しいサイトで存続していくようです。

FEDHANは独自路線となるわけですが、インターネットの世界に浮かんだ昔の「草の根BBS」的な存在のようでもあり、それはそれで輝かしい感じがします。うわさを聞いて新しく参加する人たちも増えるような元気なフォーラムになってほしいですね。

|

« 筆子その愛 天使のピアノ | Main | 発達障害のある子どもたちの就労について考えるシンポジウム »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「子育て・親育ち」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さよなら ニフティフォーラム:

« 筆子その愛 天使のピアノ | Main | 発達障害のある子どもたちの就労について考えるシンポジウム »