« 皆既日食を見る旅 | Main | なんとも悲しいこと »

長男の自活 とエジプト便り

月曜日から金曜日まで、昼間は長男一人の生活である。
本人の祖父母が階下に入るので完全な自活ではないけれど、何でも自分でやると本人自覚して取り組んでいるようです。
月曜日帰宅すると、洗濯、朝食、掃除?、洗濯物ほし、昼食、勉強、食材買い物、洗濯物たたみ、夕食、風呂掃除、食器洗い、と全部ひととおりこなしていました。思わずう~んとうなって感心しました。この調子だとおやじの晩飯も用意してもらえそう。(^o^)

夜10時ごろ、次男から携帯に電話有り、一丁前にアラビア語?で挨拶され思わずのけぞり絶句、地中海に面したマルサマトルーフという町に着いたらしい。(写真はLara Croftさんのサイトにリンク)ホテルが少しぼろい、食事は何とか食べれると言ってました。カミサン曰くカイロからの移動が強行軍でやや疲れ気味とのこと。29日の皆既日蝕までこの地で英気を養うようです。

|

« 皆既日食を見る旅 | Main | なんとも悲しいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

子育て・親育ち」カテゴリの記事

Comments

今日は、五目チャーハンだった。おいしい。
自宅に電話があり、帰りの飛行機に乗るとの連絡が入ったと長男から聞いた。
無事、帰路についたとのことでひと安心。
あとはたくさんのおみやげ話を待っていよう。

Posted by: しぇあ | 2006.03.31 23:35

23時過ぎに帰宅。今日は長男はビーフシチューを作ってくれた。冷蔵庫には、フルーツヨーグルトが用意されていた。感謝、感激。明日は、アルバイトに行くとのこと。よくやっている。

20時過ぎに次男から電話で皆既日食の報告があった。興奮やまない様子でうれしそうに報告していた。カミサンは感激して涙したとのこと。インターネットライブは少しの時間だったが見た。ニュースでも報道されていましたね。

Posted by: しぇあ | 2006.03.30 00:01

長男が晩飯を用意してくれていた。
ホタテの炊き込みご飯(オリジナル)と野菜炒めと味噌汁だった。感激した。

エジプトの彼方にいるカミサンと次男へ
楽しんで無事帰ることを改めて祈っています。

Posted by: しぇあ | 2006.03.29 01:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長男の自活 とエジプト便り:

« 皆既日食を見る旅 | Main | なんとも悲しいこと »