« 息子ネタです。 | Main | 民間企業への障害者雇用指導強化と障害者雇用支援 »

平成17年度民間企業障害者雇用率の公表

いつの間にやら冬到来。3ヶ月ぶりの書き込みです。ご無沙汰してました。(^.^;
下書きはいっぱい残っているのですが、ネタが古くなってしまった。
障害者自立支援法はウォッチするどころか、勉強不足でまだまだ理解しておりません。

さて、厚生労働省から、今年6月1日現在の民間企業の障害者雇用率について公表さています。除外率(※)改定で雇用率の低下が懸念されていた状況下、全国平均1.49%となりほぼ横ばいとのことです。ちなみに東京労働局管内では消息筋からは前年1.35%から1.40%と上昇し、大企業の障害者雇用が進んでいるとのことです。

※除外率制度
企業が管轄の職業安定所に毎年、6月1日に障害者雇用者数を報告するに当たり、常用労働者数の計算において、一定の業種において、その労働者数から一定率に相当する労働者数を控除する除外率制度が設けられています。この除外率制度については、平成14年の法律改正により、廃止に向けて段階的に縮小することとされており、平成16年4月1日から、全業種について10%ポイントずつ引き下げられました。

また、今回の雇用率の公表とともに法定雇用率未達成企業への指導強化が今後図られるとのこと。
1.雇入計画作成命令を発出した企業への強力な指導
2.一人不足企業への雇用促進
3.0人雇用企業への雇用促進
4.中小企業の事業主団体との連携促進
5.企業名再公表をも前提とした継続的指導強化
これだけではわかりませんね。追って説明を入れます。

あと、1月1日から実施が予定されているグループ就労助成金については労働政策審議会障害者雇用分科会の12月15日の第20回分科会において「障害者雇用促進法施行令改正政令案要綱及び障害者雇用促進法施行規則改正省令案要綱(諮問)」の審議がなされて年内公表となるようです。
なお、グループ就労助成金はグループ単位の障害者を一定時間以上継続して雇用した場合に払われる助成金で
1.請負型(社会福祉法人やNPO法人など)
2.雇用型(民間企業)
3.職場実習型(盲聾養護学校3年生対象)
の3つのタイプに分かれそれぞれの雇用法人に支払われるとのことです。

私は3つともそれぞれに関心があります。また、コメントします。

|

« 息子ネタです。 | Main | 民間企業への障害者雇用指導強化と障害者雇用支援 »

「障害者雇用」カテゴリの記事

Comments

JRママさん ど~も (^-^)v
今年も何かとよろしく~。
年末には噂のmixiにも入りましたが、
なかなか使い方がわかりません。
こちらもご指南のほどよろしく~。

Posted by: しぇあ | 2006.01.02 at 15:42

久しぶりの書き込みですねー。じっくり読まないと!!(笑) 

Posted by: JRママ | 2006.01.02 at 02:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39637/7611929

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年度民間企業障害者雇用率の公表:

« 息子ネタです。 | Main | 民間企業への障害者雇用指導強化と障害者雇用支援 »